設立趣旨

目の前にある命に対し諦めずに心を尽くす

幼少期から多数の動物と共に生活を送る中で自身の懸命な救 命活動により、
獣医師に匙を投げられた動物(犬・猫・鳥)をも救命するという経験 を得た。この事から、目の前にある命に対し諦めずに心を尽くす事が、非常に重要 であると自身は確信する。

陸上自衛隊に入隊 

スポーツトレーナーとしてのキャリアを積む中、1995年に起きた阪神大震災をきっかけに、もっと多くの命を救いたいという願いを持った事から陸上自衛隊に入隊する。在籍中に救助訓練、災害派遣に積極に参加する。

東日本大震災 

 2011 年に起きた、東日本大震災は社会全体の災害に対する防災意識を高め、非常 に大きなきっかけになった。過去の出来事から学び、次の世代に繋げてゆくことは現代を生きる自分達に課された使命であると考える。災害や事故の現場に おいて、自分自身、他者を救う事ができるかどうかは、第一次救命に関する知識を持っているか否かで大きく変わる。

 「安心・安全を意識したスポーツ」 

 「安心・安全を意識したスポーツ」を通じて、実践的な内容の講習を行い、
教育者・スポーツ指導者の安全意識の高揚を徹底して行いたいと考える。今までのキャリアを生かし、自身を始めとした幅広い人 材による、専門的な知識を伝え、広める事で市民は勿論指導者に対し、実践的な講 習等を行い、安心・安全に暮らせる社会づくりの貢献活動をしようと考える。現代を生きる人々に対し、以上の考えを持って指導 を行う事を目的とし、設立に至る。